忙しい日に簡単に作れる夕飯レシピ!5分の仕込みでできる絶品ご飯【王様のブランチ】

テレビ

家族の為にご飯の用意はしないといけないけど、疲れて何もしたくない日や忙しくて作る時間がない!っていう日、ありますよね。

そんな時にとっても役立ちそうな、仕込み時間がたった5分の絶品炊き込みご飯のレシピが王様のブランチで紹介されました。

紹介されたのは『秋鮭とトマトの炊き込みご飯』『乾物の炊き込みご飯』『炊き込み牛めし』の3種類。

どのレシピも本当に5分以内の作業時間で作ってました!

簡単だし私も作りたいと思ってせっせとメモをとってたんですが、Instagramでも公開されていたようです(笑)

Instagramに載っていない代用品などの補足説明やコメントなど、自分が作る時にも見やすいようにわかりやすくまとめたいと思います。

秋鮭とトマトの炊き込みご飯

炊飯器レシピの達人の牛尾理恵さん監修の炊き込みご飯です。おせちを手作りするほどの料理好きの高柳愛実さんが作ってました。(作業時間3分39秒)

材料(米3合分)

  • 米 3合
  • 生鮭 2切れ
  • トマト 1個
  • 青しそ 10枚
  • 塩 小さじ1と1/2
  • 醤油 小さじ1/2
  • 酒 適量

作り方

1.鮭の臭みをとる。

鮭にまんべんなくお酒をかけて洗い、ペーパーで拭き取る。

時短ポイント

秋鮭を酒で洗い短時間で臭みをとる。

2.トマトのヘタをくり抜く。

3.米を研いで炊飯器に入れる。

4.②のトマトをヘタの部分を下にして、米の真ん中の底につくくらいまでぐりぐりと押し込み、3合の目盛りのところまで水を入れる。

5.鮭を両脇に置き、調味料(塩小さじ1と1/2、しょうゆ小さじ1/2)を入れる。

6.釜を少しゆらゆらとゆらして軽く混ぜたら炊飯器に入れてスイッチを入れる。

7.炊けたら仕上げに手で細かくちぎった大葉を加えて混ぜる。(※鮭の骨や皮が気になるようであれば取り除く)

8.綺麗なピンク色になったら完成。

みゆと
みゆと

柳愛実さんは

「秋鮭の良い香り」
「トマトを使っているから洋風になるかと思いきやしっかり和風」
「お出汁を入れてないのにちゃんと味の深みがある」
「おにぎりにして紅葉見に行きたい。秋の味覚って感じ」

とコメントされていました。

秋鮭の代わりに塩を少なめにして塩鮭で作ったり、白身魚でも代用できるそうです!

トマトを使った炊き込みご飯てあんまり聞かないので、どんな味なのか気になりますね。

乾物の炊き込みご飯

芸人きっての料理人、ロバート馬場さん監修レシピ。アボカド高速剥きが得意なミスパーフェクト松元絵里花さんが作ってました。(作業時間 4分41秒)

材料(米2合分)

  • 米 2合
  • 干し貝柱 18g
  • 干し椎茸 2枚
  • 切り干し大根 15g
  • 塩 小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ 小さじ1/2
  • 酒 小さじ1/2
  • 小ねぎ 適量
  • すだち 適量

作り方

1.干し貝柱を袋にいれたまま綿棒で叩いて細かく砕く。

2.干し椎茸の軸をとり、袋に入れて細かく砕く。

3.耐熱容器に①と②を入れ、ひたるくらいの水を加えてふわっとラップをし、500wでレンジにかける。

時短ポイント

乾物を細かく砕くことで短時間で旨味を引き出す時短テクニック。時間があるのなら冷蔵庫で一晩戻してもよい。

4.レンジで加熱している間に切り干し大根をさっと水で洗い、キッチンハサミで食べやすい大きさに切る。

5.といだ米が入った炊飯釜に切り干し大根を入れたらレンジで加熱した③の貝柱と干し椎茸を戻し汁ごと入れる。
2合の目盛りのところになるようにする。足りなかったら水を入れる。

6.調味料(塩・しょうゆ・酒を小さじ1/2ずつ)入れたら軽くかき混ぜて炊飯器のスイッチを入れる。

7.炊きあがったらざっくり全体を混ぜて、お茶碗によそったらすだちを全体に絞る。

8.小ねぎを散らしたら完成。

みゆと
みゆと

松元絵里花さんは

「料亭の味みたい」
「無限に食べられる」

とコメントされていました。

これに対し、ロバート馬場さんは「僕は1人で2合食べました✌」と返していました(笑)

乾物は夏に栄養を蓄えて秋が一番美味しくなるそうです。

干し貝柱は貝柱の水煮缶に、干し椎茸は舞茸で代用しても美味しいとの事です!

材料を見たらとても体によさそうな炊き込みご飯です。

炊き込み牛めし

楽ちん激うま料理のファンタジスタ、リュウジさん監修のレシピ。料理超初心者のおかしな事をして何かと問題を起こす問題児、小泉遥さんでも初めて5分以内に作る事ができたという、超簡単レシピです!(作業時間 4分41秒)

材料(米2合分)

  • 米 2合
  • 牛薄切り肉 300g
  • 生姜 10g
  • 麺つゆ(3倍希釈) 大さじ5
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 小さじ4
  • 醤油 小さじ4
  • 紅ショウガ 適量
  • 小葱 適量
  • マヨネーズ 適量
  • 七味唐辛子 適量

作り方

1.といだ米の入った炊飯釜に調味料(麺つゆ大さじ5、酒大さじ2、砂糖小さじ4、しょうゆ小さじ2)を入れ、2合の目盛りになるように水を入れる。

2.牛肉を全部入れて軽く混ぜる。

3.生姜はせんぎりにして炊飯釜にいれ、炊飯器のスイッチを入れる。

4.炊けたら軽く混ぜ、お茶碗に盛ったら紅ショウガ、小葱を乗せる。完成です。

味変1

マヨネーズと七味唐辛子をかけて味変(コクも足してくれるのでパンチのある味に)

味変2

和風だしをかけると牛ひつまぶしのようにさっぱりと食べられる。

みゆと
みゆと

小泉遥さんは

「こんなに簡単に作れるんなら私も作りたいと本気で思いました。ただ私の家、炊飯器がなくて・・・。」

とコメントし、

「炊飯器買ってください」とリュウジさんに突っ込まれていました(笑)

牛肉は大きいようだったらちぎるか切って入れると良いです。

生姜はせん切りと言っているのに小泉遥さんはなぜかみじん切りに・・・。

みじん切りでも可です(笑)

味変として2種類用意されているのが嬉しいですね。

味の変化が楽しめるボリューム満点牛めしです。

この記事を読まれている方はきっと、とっても忙しくてパパッとご飯を作ってしまいたい方や王様のブランチを見てレシピに興味を持たれている方ですよね。

中には料理のレシピをもっと増やしたい方やもっと料理スキルをあげたい!と思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

料理教室などに興味はあるけど、今は外出しづらいし・・・という方には、自宅でできるオンラインレッスンなんてものもあるんですよー^^

1講座1,980円から受講することができますが、初回受講分はAmazonギフト券でキャッシュバックされるので実質無料です(∩´∀`)∩

Cook LIVEを実質無料でお試しするならこちらから

家庭料理を中心とした簡単にできる料理を1,980円から学べます。

毎日の献立を考えないといけない忙しい主婦の方やお母さんにも、作り置きおかずなんかも教えてもらえるので役立つのではないかと思います^^

まとめ

王様のブランチを見ていたらとても簡単で美味しそうだった炊き込みご飯レシピを紹介しました。

せっせとメモをとっていたのにInstagramでレシピを見つけ、あるじゃん!と後から軽く凹みましたが、実際に作っている過程されていたアドバイスなどは載ってなかったので、頑張ってメモしてよかったです(笑)

毎日の献立を考えるのも大変なのに、忙しい日や疲れている日ってご飯って手抜きしたくなりますよね。

そんな時に最適なレシピです(笑)

米をといだり材料を用意したり調味料の計量をしたり・・・と実際に自分で作る時は5分以内は難しいかと思いますが、頑張ったら10分以内で作れるのではないかな、と思います。

『秋鮭とトマトの炊き込みご飯』や『乾物の炊き込みご飯』は秋を感じさせるご飯です。

一番簡単そうな『牛めし』は秋って感じはしませんが、がっつり系の人や育ち盛りの男の子に年中喜ばれそうなご飯です。

ぜひ作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました