スポンサーリンク
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ルンバi7とj7の違いを解説!おすすめ購入先も紹介

生活・暮らしの情報

ロボット掃除機の中でも特に人気の高い「ルンバ」、検討している方は多いですよね。

この記事では、2019年発売の「ルンバi7」と2022年発売の「ルンバj7」を比較し、それぞれの特徴と価格情報について詳しく解説します。

ルンバi7とj7の主な違い

価格

定価で比較すると、i7は72,800円、j7は99,800円とj7の方が高め。

中古市場ではi7はさらに安価で手に入ることがあります。

障害物回避機能:

j7は前方に高性能カメラを搭載し、精度の高い障害物回避が可能。

一方、i7は上部カメラのみで障害物回避機能は限定的です。

吸引力とバッテリー

j7は吸引力がi7の10倍で、より強力な清掃が可能。

バッテリー持続時間は両モデルとも75分。

デザインとサイズ

j7はi7よりもコンパクトで軽量。

特にクリーンベース付きのモデルではサイズ差が顕著です。

クリーンベース付きモデルの比較

「i7+」や「j7+」など、クリーンベースが付いたモデルは自動でゴミを収集し、手間が省けますが、価格が高めです。

また、定期的な紙パックの購入が必要になります。

各モデルのおすすめポイント

ルンバi7

安価で高性能なモデルを求める方におすすめ。

障害物が少ない環境での使用に向いています。

ルンバj7

ペットや小さな子どもがいる家庭、障害物が多い環境での使用に最適。

最新技術による高精度な障害物回避機能が特徴です。

ルンバ最安値は?価格と購入先 

ルンバの価格は公式サイトやAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで比較できます。

公式サイトでは購入時の保証が1年から3年に延長される場合もあるため、安心感があります。

一方で、ポイント還元を狙うなら他のネットショップも検討しましょう。

楽天マラソンや楽天セールの時なら楽天市場がいいかもですし、メガ割りの時ならQoo10が最安値で買えると思います。

ルンバi7をQoo10で見る ルンバj7をQoo10で見る

レンタルもおすすめ

ルンバは高額なので、やっぱり購入すること自体を悩んじゃう人もいますよね(^^;

高額なロボット掃除機を購入する前に、レンタルで試してみるのも一つの方法です。

kikito」では短期レンタルプランがあり、最新機種を手軽に試すことができますよ。

まとめ

ルンバi7とj7はそれぞれにメリットがあり、使用環境やニーズに合わせて選ぶことが重要です。

価格や性能、デザイン、購入先などを総合的に比較検討し、最適なモデルを選びましょう。

高機能モデルを手頃な価格で手に入れるチャンスもあるので、セール情報を見逃さないようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました